川崎市で日帰り白内障手術なら辻眼科クリニック

白内障,川崎,辻眼科クリニック

お問合せ

044-211-8115

加齢黄斑変性,治療
加齢性黄斑変性(かれいせいおうはんへんせい)とは

白内障や緑内障、糖尿病網膜症といった病気と比べると聞き慣れない加齢性黄斑変性ですが、ここ20年くらい前までは眼科業界の中でも、日本人には極めて稀で、欧米人に多い病気」と考えられていたくらいです。

ところが最近、この病気にかかり、視力が低下するご年輩の方が増えています。福岡県久山町の一般住民を対象に行われた調査では、重症の視力障害をきたすタイプの加齢黄斑変性(滲出性加齢黄斑変性)は50歳以上の住民の0.67%にみられ、日本の人口に換算すると約32万人が罹患していると推定されています。

加齢性黄斑変性の症状
中心部のゆがみ 中心部のゆがみと中心暗点
加齢性黄斑変性の症状 加齢性黄斑変性の症状
黄斑変性症では、「見たい物の中心部分がぼやけたり、黒ずんで見える」「物がゆがんで見える」「明暗の度合いがわかりづらい」などの症状が現れます。
出血を繰り返すなど、黄斑部に障害がひどくなると、顕著な視力低下が起こってきます。

加齢性黄斑変性の治療法

黄斑変性症の治療の目的は、病変の元となる新生血管を退縮させて、視力を回復させることです。
 ◆抗血管新生薬療法(こうけっかんしんせいやくりょうほう)
 ◆光線力学的療法(こうせんりきがくてきりょうほう)
 ◆レーザー光凝固術(ひかりぎょうこじゅつ)
 ◆新生血管抜去術(しんせいけっかんばっきょじゅつ)
 ◆黄斑移動術(おうはんいどうじゅつ)
 ◆経瞳孔温熱療法(けいどうこうおんねつりょうほう)
 ◆内服薬
過去には上記の方法が試みられてきましたが、現在最も有効とされる治療は抗血管新生薬療法(ルセンティス)です。

ルセンティス療法

ルセンティス療法とは 抗血管新生薬療法は滲出型加齢黄斑変性の治療に主に用いられます。 ルセンティスによる薬物療法は、ルセンティスという薬剤を直接眼内に注入して、新生血管に作用してこれを退縮させ病変を改善させる治療です。

導入期では月1回ルセンティスを白眼の部分から眼の中心の硝子体という場所に向けて注射します。これを3 ヵ月間繰り返します。

その後の維持期は、眼の診察や検査で症状をみながら、必要に応じて注射します。 検査は必要に応じて月1回、視力検査と眼底検査、患部の光干渉断層撮影等を行い、病変部の変化および視機能の変化を確認します。

アイリーア療法

ルセンティス療法とは 加齢黄斑変性症の治療として、ルセンティスに続き、新たな選択肢アイリーアが発売されました。

今までは、毎月1回、3回の投与後、再発時に注射していましたが、アイリーアの場合、3回までの注射は同じですが、その後2ヶ月ごとの計画投与を行います。

難治性で再発性の場合や、毎月注射が必要な患者さまにとっては、医療費が年間で半分程度になるので、患者さまの負担が軽減されることになります。

新着情報