白内障手術

白内障について

白内障について

目の中でレンズの役目をしている水晶体は、加齢とともにだんだん白く濁っていきます。また、先天性・若年性の白内障や、ケガによる外傷性白内障などがありアトピーをお持ちの方も白内障になりやすい傾向があります。白内障になると、すりガラス超しに見ているような白くかすんだ視界になったり、濁りが光を乱反射させるために屋外で眩しさを感じるようになり、症状が進むと日常生活が困難になります。白内障の手術で濁ってしまった水晶体をとり、透明な人工の眼内レンズに交換すると視力は回復します。

進行

白内障の治療

手術以外の治療として、現在は白内障の進行を遅らせる目薬の点眼しかなく、水晶体の濁りを改善したり、濁りの進行を止める方法はありません。以前は手術後の矯正方法も限られていたため、その不自由さから「手術は見えなくなるまで待ってから」という考え方が多かったのですが、見えなくなるまで進んでしまった白内障は手術も難しく、手術時間も長くなってしまいます。今では眼内レンズも進歩し、安全な術式も確立されているので、早い時期に手術を受けられた方が、その後の生活がより快適に過ごしやすくなります。

眼内レンズについて

眼内レンズの種類は大きく分けて、単焦点眼内レンズ(monofocal-IOL)と多焦点眼内レンズ(multifocal-IOL)の2つの種類があります。

単焦点眼内レンズ(monofocal-IOL)

単焦点眼内レンズは、最も一般的な白内障手術用眼内レンズで、保険診療の白内障手術の際に使用されています。水晶体にはそれ自体が膨らんだり縮んだりすることでピントを合わせることができる調節力がありますが、単焦点眼内レンズには、その調節力がありません。

その名のとおり、白内障手術を受けると焦点が1ヶ所にしか合わなくなります。例えば、遠くが見やすいように合わせると、新聞や携帯の画面などがぼやけて見えにくくなります。ほとんどの方が生活しやすいように遠くにピントを合わせるように希望されており、白内障手術後に近くを見る時には、度の強い老眼鏡が必要になっています。

単焦点眼内レンズ(monofocal-IOL)

単焦点眼内レンズ(monofocal-IOL)

多焦点眼内レンズ (multifocal-IOL)

多焦点眼内レンズは、光の性質(屈折や回折)を利用して、遠くと近くの2ヶ所、または遠く・中間・近くの3ヶ所に焦点が合うように設計されています。その他、EDOF(Extended Depth of Focus) と呼ばれる多焦点眼内レンズは、焦点深度を深くするという新しい構造で、従来のレンズよりさらに自然な見え方になっています。いずれのレンズも、白内障の手術後になるべく老眼鏡を使いたくない、という方におすすめです。健康保険の適応外になるため、手術費用は高額になりますが、遠くも近くもある程度メガネなしで生活出来るようになります。 近くの見え方の目安として、30~40cmの距離で新聞やメニュー程度の大きさの文字が読めるようになります。それ以上の小さい文字や物などを見る際には、老眼鏡が必要になります。また、多焦点眼内レンズは、夜間の街灯や車のライトが手術前よりまぶしく感じられる傾向があります。(程度には個人差があります) 多焦点眼内レンズには、国内承認のレンズと、未承認のレンズがあります。国内承認のレンズより、夜間の光のにじみや手元の見え方がより改善されることが期待できる多焦点眼内レンズもあります。ご興味がある方は院長までご相談ください。

白内障手術の流れ

術前説明
1術前説明
手術についての説明と診察を行います。
出来るだけご家族と一緒にお越しください。
来院
2来院
手術1時間半前頃に医院に来ていただきます。手術室に入る前に、手術着への着替え、散瞳剤などの点眼、血圧測定を行います。入室前までに必ずお手洗いを済ませておくようにしましょう。
※手術の順番によって来院時間、退院時間は異なります。手術の順番を早くしてほしい方や、来院時間を遅くしたい方は遠慮なくお申し出ください。(ご希望に添えない場合もあります。ご了承ください。)
点眼・状態の確認
3点眼・状態の確認
リカバリールームに入っていただきます。散瞳薬(瞳を大きく広げる薬)や、抗生物質を何度も点眼し、準備を始めます。
来院されますと、受付後にまずナースが血圧等を測定し、全身状態が落ち着いているかを確認します。
手術
4手術
麻酔の目薬をさしてから、手術室に入室していただきます。手術をするときは、顕微鏡を患者様のちょうど目の前に位置するように移動し、医師は顔の横か、頭の上方に座って、顕微鏡を通して手術をします。
手術終了
5手術終了
手術自体は10分程度で終了します。
事前の消毒、準備時間等含め、10分〜15分で退室いただけます。
6術後のご説明
無事に手術が終了し、説明室に移動していただきます。10分〜15分は安静にしてください。スタッフが術後の生活や術後点眼、術後の飲み薬などについてご説明いたします。
7ご帰宅
全身状態の安定を確認し、帰宅していただきます。

術後について

術後について

  • 手術後により良い視力を維持するため、手術の1週間前、手術の翌日・3日後・1週間後・2週間後・1か月後・2か月後・3か月後の定期的な検診が必要となります。

お薬について

  • 飲み薬は他院の薬も一緒に飲んでください。

目薬について

  • 手術当日寝る前までの間に2、3回と翌日からは指示通りに点眼してください。

食事について

  • 手術が午前中の場合は朝食を、午後の場合は昼食を控えてください。
  • 食事はいつも食べている物を召し上がってください。
  • お酒、煙草はなるべく1週間は我慢してください。

お風呂について

  • 手術当日はシャワーか、身体を拭く程度にしてください。
  • 翌日から入浴して結構です。2週間は熱いお湯や長湯をしないように入ってください。
  • 1週間は目に水が入らないよう、顔はタオルで拭き、洗髪は美容室などで上向きで行ってください。
  • 1ヶ月間は目を閉じて洗ってください。
  • 洗髪は、1週間おやめください。その後はシャンプーやお湯が目に入らないように洗ってください。

その他

  • 手術した目は弱いので強くこすったり、何かにぶつかったりしないように注意してください。
  • テレビや新聞は、疲れない程度に見て結構です。
  • 手術後3日間は、家の中にいてください。家事はしても結構です。
  • 重労働、汚れ仕事、旅行、温泉、水泳等は1ヶ月経ってからにしてください。
  • 仕事に出る時期は、仕事の内容、通勤の条件等で違いますので、ご相談ください。

クリニックブログ
Clinic BLOG

お問い合わせはお気軽にContact

川崎市にお住いの方で
目のことでお困りでしたらご相談ください。

044-211-8115 044-211-8115